一筆一筆心を込めて

グリーンを基調に、花、鳥、果実などが華やかに描かれた図柄。その一筆一筆には豊作や豊漁、そして幸福への祈りが込められています。

17世紀頃、アッセンデルフトフォークアートはオランダフォークアート発祥の地といわれる北部のアッセンデルフト地区で生まれました。

長い北国の冬を越えるため、白木の家具や生活雑貨に絵付けをしたことから始まったこのアートは、伝統的な雰囲気を守りつつも新しい感性を取り入れながら今も発展しています。

繊細な色合いが特徴

KYOKO YAMADAの作品は、20余年をかけて数え切れないほどの作品を描いた末に現在のスタイルとなりました。美しいグラデーションと繊細な色合い、生き生きとした筆使いが特徴です。

「基礎が大事」という考えを礎に、繊細な作品を作り続けています。

描き方レッスン動画

上級者向けにオリジナルデザイン「スカピオサ」の描き方を動画にしました。
もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。